スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様に関するetc.

こなばんわ、ぐりおにです。

昨日神様のお話書いたら色々書きたいことが頭をぐるんぐるんと回り始めました。
大学に入ってから神話に触れる機会がありまして、いつの間にか神話の虜に。
とは言ってもほとんど中身は知らないんですけどね。調べることはできていません。昨日の記事にしたってほとんど我等がwiki先生に頼りながら書きました。オーディンだけ8割自分で書いた。
でも、神話だとか神様だとかの単語を聞いただけで反応する体に変わった今、機会さえあればたくさん調べてみたいと思っています。


さて、そんな神様ですが、神様ってのは謎が多いです。
そもそも神話が作られた経緯さえあやふやな物が多い。
そして種類も多い。
どれぐらいあるかっていうと、パッとあげるだけで
・日本神話(古事記・日本書紀)
・ギリシャ神話(旧約聖書)
・エジプト神話
・北欧神話
・新約聖書
・インド神話
etc...
有名なところではこんなものでしょうか。
なぜ聖書が入っているのかというと、聖書には物語が書かれており、その中で人間の進むべき道を教えているため、しっかり話として成立しているからです。キリストが出てくるのは新約聖書。

神話に興味を持ち始めたのは、ゲーム(ペルソナ4)の中に出てくるキャラクターがどこかで聞いたことがある名前ばかりで、こいつらは一体どんなモチーフから生まれたのだろう、と考えたのが最初でした。
そして調べ始めると出てくる出てくる、ゲームの中にいた関係ないだろうと思っていたキャラクターの名前が各神話の中でいろんな繋がり方をしました。
そしたらもう、早かったです。ゲームで名前ぐらいの知識はあったので頭の中にするするーっと入ってきました。

一番のめり込んだのは日本神話。
僕が神様が各国を統治していた時代の流れを全て読んだのは、まだ日本だけです。後はまだ勉強中。
日本神話で出てくるのは
・イザナギ
・イザナミ
・ツクヨミ
・アマテラスオオミカミ
・ヒノカグツチ
・ヤマタノオロチ
・スサノオ
・因幡の白兎
・コノハナサクヤヒメ
等々。もっともっとたくさんいます。
有名なのはここら辺だと思いますが、皆さんも一度は目にした事のある名前が多いんじゃないでしょうか。


しかし、今日の本題はここではありません。
神様について考えていきましょう。

みなさん、神様をイメージしてください。どんなのでもいいです。


できましたか?



皆さんが考えたのは多分、人間の形をしていたと思います。
実際、通念的に神様というのは人間の形をしているとされています。
中には隼だったり下半身は馬だったりしますが、その殆どは人間の形をしているでしょう。
ではなぜ、神様は人間の形をしているのでしょうか?

また、皆さんが思い描いた神様、きっと全知全能ですよね。完璧の権化。
そうです、これも通念的に、神様は完璧、完全です。
が、しかし、人間は不完全。何故不完全かというと、失敗をするからです。
記憶の欠如は顕著な例でしょう。世の全てのことを知ることはできないのも不完全さです。

そう、人間は不完全。でも、人間の形をしている神様は完全。
少し哲学的な話になりますが、デカルトは言いました。
「不完全な我々人間から完全を生み出すことは不可能である。何故ならば、不完全な我々人間が想像しても、そこに必ず不完全さが含まれるからだ。人間は自分自身を超えるものは想像できない。ならば何故、不完全な我々人間が、完全である神を想像できるのか。何故、神という存在を認知しているのか。それは先代の人間が実際に神を見たからである。」
デカルトはこんな論理で神様の存在証明をしました。たしかこんな感じ。めっちゃツッコミどころ満載ですけど、当時はこれが凄く持て囃されたらしいです。

さてさて、何故人間の形をしているのか、という話でした。
デカルトがなんと言おうと神様は空想から生まれたものというのが今の一般論です。
神話は英語でmythと訳されるのですが、このmyth、日本語訳にしたとき「神話」の他に「作り話」という訳もあります。酷い皮肉ですね。
というわけで神様は人間の想像の産物といった前提でお話をさせていただきます。

これは僕の独りよがりな意見ですが、当時の人々は、人間こそ自然界において頂点に立つ存在だと信じていたからだと思います。
神話が作られた目的は聖書のようなものが多く、物語の中から学び取った行動理念に従って動いて欲しいというのが一番多い理由です。基本的に神話を作るのはその国の頂点近くの人。
物語の中の人間が何か行動して、それに褒美を与えたり罰を与えるのは神様。
また、神様同士の諍いもあります。
絵としては、どれもこれも人間と人間の交流です。初めて読む時はどれが人間でどれが神様だと指摘されないとわかりません。
普通、何か悪いことをして罰を与えたり褒美を与えるのは上のものからです。
先日のオーディンの話に通ずるものがありますが、当時の人間が自分たちより上の動物的存在は無いとしていたから、人間を罰する・褒美を与えるのは同じく最高位の人間だとしたのだと思います。
しかしそれではいけない。人間が一番上だという認識で終わってしまったら、多くの人間が自分たちが一番上だーって騒ぎ出して暴動が起こるかもしれない。
だから、名目上「神」という新しい存在概念を生み出し、これを人間より上に位置づけたのでしょう。
それならば「何か悪いことしたら、神に罰せられる」と人々の心にブレーキをかけることができます。
この感じ、今もありますね。
「お天道様が見ている」だとか、「Oh My God」だとか。


この様な経緯で、神は人間の形になったのではないでしょうか。
皆様、なにか感じることがあったり自分なりの意見でかまいませんのでありましたら、お待ちしています。



そんな感じで今回はここまで。
また次回。




ここからコメント返信です。コメントありがとうございます!

福岡の食事事情 \.2より

かずやゆう さん
>ウホッ…これはいい鯛めし…!
天ぷらと味噌汁もついて890円…!安いっすね!さすがランチ!
大阪はジャンクフードな街だけど、こういうのってあるのかしら。
今度探して記事パクらせてもらいますね!w

もうじゃんじゃんパクッてください!
ジャンクフードばかりなイメージですので、ここから印象変えていきましょう。
大阪の上品なところ、待ってます。
京都にまけるな!!
スポンサーサイト

Comment

2013.05.22 Wed 00:07  |  

なるほどー!確かにそうですね!僕も思い浮かべたときは人の形でした!白いヒゲを生やしたおじいちゃんでしたね。面白いですね、神話・哲学。

天は人の上に人を作らずなんて言葉がありますけどそのお天道様は人の形なんだよなあ…なんて思ってしまいました。あ、神だからいいのか。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://circle9chiruno.blog35.fc2.com/tb.php/460-cd72a0ec
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ぐりおに

Author:ぐりおに
じぇんだー:男
わーく:大学2年生なう

ツイート(笑)

最新記事

カテゴリ

頭の回転数(かうんたー)

メールフォーム

ご意見・ご感想・相互リンク等はこちらからおねがいします

名前:
メール:
件名:
本文:

じゃんじゃん待ってるぜ!

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ぐりおに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。