スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の位置

こなばんわ、
ぐりおにです。


マイクラのお話

拠点拡張工事が終わりました!
多分何も言ってなかったと思いますが、家の周りをいろいろ変更しています。
狭かった領土を広げて、あれこれ入れてみたのでまた次回にでも紹介しましょう。
家のPCじゃスペック的に無理があるので、ネカフェかどっかで録画して、それにゆっくりボイスでもつけてうpしますかね。
画像での紹介は前回ひどく苦労したので、もう諦めます。何より見づらい……。


本題・人間の位置について


とある日の帰り道、麦藁帽子の男の子が虫取り網と虫かごを持って草村で走り回っていました。
夏らしい光景。俺の10年前もこんな感じだったのかなとちょっと感慨に耽ったり。

さて、ここで問題。

Q.捕まえた虫はどうする?
A.飼うor逃がす

当然、そうなりますね。
流石にそんな子供が殺したりはしないでしょう。
それに選択肢がこれ以上無いように思えます。

さて、では「飼う」という行為を考えてみましょう。
端的に、簡潔に言ってしまえば、自分より下位に位置するものを我が物とすること
ではないでしょうか。
犬を飼っている人に聞きましょう。
あなたは自分と犬を同列に見ていますか?
猫を飼っている人に聞きましょう。
あなたは自分と猫を同列に見ていますか?

答えは、ノーでしょう。

では、次はこれを相対的に見てみます。
ここでは犬や猫など、総じてペットと呼ぶことにします。
ペットを自分より下位と見なしている。
ということは、相対的に言えば。
自分をペットより上位に見ている。
間違いないですよね?
この時点で、ヒエラルキーの上下関係が一つ生まれました。

さて、今は身近なものを例にだしました。
では、ライオンや馬などはどうでしょう。
彼等は我々にとって脅威です。
本能のみで動く彼等は平然と我々を餌と見なし襲い掛かって来るでしょう。

では、問題。
Q.彼等は人間より上位と見なしているか?
A.ノー

なぜなら、彼等を飼われた状態で見ることができるから。
人間に飼われている彼等を簡単に見ることができるから。
動物園に行けば、いくらでも見ることができます。
そうなれば、人間によって捕獲されるものとして我々は視認し、彼等を下位に移します。

しかし、そんな彼等が自分の周りを歩き回られちゃたまったもんじゃない。
下位とは言っても、危険には変わり無いですもの。
だから、そんな世界は改変してしまおう。
自分達が過ごしやすい世界に改変してしまおう。

そうして一切の危険を取り除いたのが、今僕らが暮らしている世界です。
自分より下位の生き物から隔絶し、自分より上位だけを残した世界です。
そうしたら、人間だけになってしまいました。

それでも、人間は下を見る生き物。
一人が寂しい生き物。
自分より下が近くにいることに安心してしまいます。
だから、危険性の少ない犬や猫などを自分の身近に置きはじめました。

いつしかそんな気持ちは消えうせ、ただ可愛いからという理由で飼いはじめる始末。
こちら側の都合のいいように可愛がって、こちら側の都合のいいように放っておく。
心の根底には、きっとそのヒエラルキーは残っているのではないでしょうか。

そんな世界に生まれる子供達を『都合のいいように』育てさせるため、まずは最下層レベルにいる虫を捕獲することを覚えさせるのです。
自分より下のものは、こうすることができるのだぞと。
この状態のものは、自分より下のものだぞと。


そうやって、我々は知らず知らずのうちに洗脳されているのかもしれません。
誰が、人間が最上位だと決めましたか?
技術の進歩は偉いのですか?
押さえ付ければ、勝ちですか?

そんなことを考えた昼下がりでした。
スポンサーサイト

Trackback

URL
http://circle9chiruno.blog35.fc2.com/tb.php/371-957a4803
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ぐりおに

Author:ぐりおに
じぇんだー:男
わーく:大学2年生なう

ツイート(笑)

最新記事

カテゴリ

頭の回転数(かうんたー)

メールフォーム

ご意見・ご感想・相互リンク等はこちらからおねがいします

名前:
メール:
件名:
本文:

じゃんじゃん待ってるぜ!

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ぐりおに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。