スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶーろぐっぐ

こんばんわ
ぐりおにです


今日も大学が終わった。
5月病の言い訳がきかなくなった6月に入り、加えてさらにだらけて来てしまうそんな季節。
明日は頑張ろう、何回もそう思ってきたのに結局自分に厳しくなれないのが反省するべきところのようだ。
それでも、今日も乗り切った。
家に帰ってゆっくりしよう。

……何やらいいにおいがする。
これは……トンコツスープか?

学校終わりというこのすきっぱら大活動時間、こいつぁ凄まじぃ敵に出会っちまったもんだ。
もう、胃がラーメンしか受け付ける気がしない。
そして、俺はのれんをくぐった


そんな気分です
人の記事読んでたら急に記事を書きたくなりました
ネタなんかあるわけでもないのに、書きたくなるなんて…これがブロガーか!
・・・ ←これ変換したら一発で「( ^ω^)・・・」出てきた
うちのIMEたんに偏屈なお勉強させすぎたようです
「ちゅーれん」→「九連宝燈」、「ヴぉけ」→「( ゚Д゚)ヴォケ!!」
( ^ω^)・・・


文学部に入ったわけですが、自分の文才のなさに日々泣きそうであります
というわけで、目の前にあるもので短文でも作ってみましょう
ちっちゃな、練習というわけです
よかったら読んでね!






「コーヒーとかココアとかよりも、こっちの方が私は好きなの」
よく彼女はそう言って、ペットボトルを傾けていた。
窓辺に飾られた写真立てはもう日の目を浴びず、悲しげに佇むおそろいの歯ブラシが一層空気を重くしている。
彼女にほとんど飲まれてしまったそいつも、元の温かみを忘れて特筆すべき温度ではなくなってしまった。

順調すぎるくらいの二人の関係は、簡単なことで崩れ去った。
いや、逆かな。順調すぎるが故に、一度の失敗がお互いの心に深く残ってしまうんだと思う。
今までこんなにすれ違ったことなんかなかったから、俺はあいつが、あいつは俺が何を考えてるのか分からなくなってしまったんだろう。
ずっと信じていたんだ。俺とあいつはいつでも同じ考えで、同じ感覚を共有して、同じ景色を見てきた。
だから、絶対に同じ答えを出す。食い違うことなんて、あり得ない。他のカップルがどうか知らないけど俺たちは絶対にそうなんだ。
そんな考えは夢現で、結局俺たちだってどこにだってあり触れる一カップルに過ぎなかったようだ。

はは、と声が出た。
自分がこんなに乾いた声を出せるなんて思いもしなかったけど、実際に出ちまった。
これからどうなるんだろう。
大切なものを失うと、こんなにも物事が手に着かなくなるんだなと思った。
心にぽっかり穴が開く、というのはこういうことなんだろう。
何も手に着かない。立ち上がる気も起きない。残っている家事だって、来週提出のレポートだって残ってるのに……
もう、どうなったっていいや。知らねぇよ。何が起きても知らない。どうにでもなっちまえ……

ガチャリ、と音がする。
いかにも玄関が空いたような音だ。
反射的に、身体が「彼女」の方を向いてしまう。

彼女は、両手に、
「……ごめんね、飛びだしたりしちゃって。二人でちゃんと話しあおう? こんなことなかったから思わず出て行っちゃったけど、まだ好きだから。大好きだから」
彼女のお気に入りの、体温よりもさらに暖かいカフェラテを2つ握っていた。





結局30分ぐらいかかったのかな・・・
思ったより時間食いました
できるだけ厳しい意見よろしくお願いします。

お題は、カフェラテでした!
スポンサーサイト

Trackback

URL
http://circle9chiruno.blog35.fc2.com/tb.php/278-0f0126e0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ぐりおに

Author:ぐりおに
じぇんだー:男
わーく:大学2年生なう

ツイート(笑)

最新記事

カテゴリ

頭の回転数(かうんたー)

メールフォーム

ご意見・ご感想・相互リンク等はこちらからおねがいします

名前:
メール:
件名:
本文:

じゃんじゃん待ってるぜ!

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ぐりおに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。