スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぉ、こわいこわい(ゆっくりてきな意味で)

こんばんわ
ぐりおにです

よく夜中に怖い話は聞きたくないといいます
無論、俺も夜中には聞きたくないです
しかしそれはなぜでしょうか?
怖がるからにはちゃんと理由があると思うのです

場合分けをしましょう。なんか数学みたい

1)幽霊を信じている人の場合
この人たちは言うまでもありませんね
夜、自分の視界がほとんど奪われた状態で出てくるのを恐れるからです
怖い話を聞かされたことにって幽霊の存在を再確認してしまう
だから普段は気にしてないのに、いざ寝ようとしたり暗い所で行動しようとすると「出るんじゃないか」と思い怖がるのでしょう
多分ですが

2-1)幽霊を信じていない人で、どちらかというとプラス思考の人
この人たちは多分恐れたりしません
自分がそうではないのではっきりとは言えませんが、幽霊なんていないでしょーって笑い飛ばせるタイプだと思います
羨ましいこと山のごとしです

2-2)幽霊を信じていない人で、どちらかというとマイナス思考の人
俺がこれに含まれます
俺自身幽霊は信じていませんし、神様とか目に見えないものは基本的に信じていません
しかし、夜になると話は違います
夢の中では何でもありというのはどんな人でもデフォルトでしょう
その中で自分のイメージした幽霊やらが出てくるのを恐れるのです
目に見えないものは信じていない、でも夢の中で出てくるのは怖いというタイプです
俺以外にもいると思います

よって、1)~2)より
幽霊を信じている人、または幽霊は信じていないがマイナス思考気味な人たちは幽霊を怖がり、その理由は
1)夜中にある程度視界が奪われている状態で襲われるのを恐れるため
2)自分の夢の中で出てくるのを恐れるため
であるといえるのではないでしょうか

結局何が言いたいかというと
東方キャラ以外の幽霊の概念は消えてしまえということです
ちびります
スポンサーサイト

プロフィール

ぐりおに

Author:ぐりおに
じぇんだー:男
わーく:大学2年生なう

ツイート(笑)

最新記事

カテゴリ

頭の回転数(かうんたー)

メールフォーム

ご意見・ご感想・相互リンク等はこちらからおねがいします

名前:
メール:
件名:
本文:

じゃんじゃん待ってるぜ!

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © ぐりおに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。